WEBサービス

2010年12月 9日 (木)

ココログは写真の自動リサイズ対応だった

試しにログを移行してみたJUGEMより柔軟性が高い。
これはなかなか良いな、と思ったんだけれど……。

過去記事を遡るスクリプトを発見: sudo0911のブログ
テンプレートによっては使えないとあるけれど、ブログパーツとして設置してみたもののどうやら使えない模様。
また、よく読んでみるとうまくできても1記事ずつしか追加表示されないらしい。

ココログは独立したウェブページ(静的ページとでもいうのか)を作成してトップ画面に設定できたりするようなので、インデックスページを作って系統立てた見せ方をするコンテンツに向いているのかもしれない。

しかし気楽に書いてあとからざっと読み返すという使い方には向かない。

色々と惜しいなあ、残念。

過去記事を遡るスクリプトを発見

ココログではトップページの一番下の方にリンクナビ(『« [過去記事名]』のリンク)が表示され、これをクリックすることで、一つ前の記事に飛び、以降は画面上部のリンクナビによって過去記事を遡ることができますが、ページ遷移がわずらわしいと感じることもあるかと思います。
はてなダイアリーだと、ココログ同様にリンクナビでさかのぼることもできますが、それとは別にナビについているアイコンをクリックすると、ページ遷移無しでそれまで見ていた記事の下に過去記事を表示することもできます。
これがなかなか便利に思えたので、ココログで同様の機能を持つスクリプトを作成してみました。

via 風柳亭: 【ココログ】ページ遷移なしで過去記事を遡るスクリプト

しかし、やはりココログのデフォルトでは1件ずつしか過去記事を遡って見られないようだ。
面倒だな、どうしたものか。

はてなダイアリーから引っ越し、目的別ブログとして不要記事を削除したけれど

トップページは最近の記事を表示、表示記事数はデフォルトの10件。
最下段までスクロールすると、そこにあるのは直前の1記事へのリンク。
クリックするとコメント欄などが展開された個別記事のみが表示される。
個別記事の上下には前後記事へのリンクは表示されているけれど、他のブログサービスによくあるような「次の◯日分」をまとめて表示して過去ログを時系列順にさかのぼってどんどん読めるようなリンクの設定が見当たらない。

Seesaaに比べてテンプレートのデザインは好みのものが多いし、広告もほとんど出ないのは良いんだけれど、トップページ以外は個別記事を一つずつ読んではリンクをクリックするという形式は個人的に馴染めない。

本当に、なかなか自分好みのブログサービスには出会えないものだ。

2010年12月 8日 (水)

Seesaaブログの設定が挙動不審

デザイン:コンテンツでサイドバーの配置を動かしたら、「設定を反映する」ボタンを押すと全然違う配列になってしまって元に戻すのに苦労した。

 

あと、複数ブログを作ると設定の途中でいつの間にか別のブログのデザインを変えてしまっていることがあったりして非常に怖い。

 

デザインテンプレートがイマイチな以外は「ブログを書く」機能についての不満はないんだけれど、マイ・ブログ設定関係の挙動は昔と変わらず使いにくいのが残念。

2010年12月 7日 (火)

Bloggerでの画像移行は失敗

GoogleのBloggerで記事・画像の移行テスト - sudo0911のはてなダイアリー

で書いた時には画像が表示されていたけど、今日になってみたらインポート元・先ともに画像が消えていた。

 

というわけでメイン・サブのGoogleアカウントを気にせずBloggerを使うというわけにはいかなくなってしまった。

 

Seesaaがもうちょいましなテンプレートを用意してくれるといいんだけどな。

まあメインサイトははてなでいいかと思い始めているのでそれほど問題にはならないけれど。

2010年12月 6日 (月)

はてなダイアリーの行間問題

はてなダイアリーで行間をあけたい場合、今までやっていたように改行を二つ連続で入れるか、もしくは全角スペースのみの行を入れるとだいたい意図したような文章の体裁にできるようだ。

 

そういえばハイクだとそんなやり方をしていた気がする……。

 

どっちにしろ鬱陶しいことに変わりはないが、そのままmixi日記にコピペするような場合を考えると後者のほうが良さそうだ。

 

勉強不足なだけだが、<p>タグはブログサービスごとに挙動が違って困る……スタイルシートとかの問題なのだろうか。

昔ホームページを作っていたときには多少勉強したはずだが、今ではもうすっかり忘れてしまった。

GoogleのBloggerで記事・画像の移行テスト

GoogleのBloggerから別アカウントで作ったBloggerへの記事移行テストをしてみた。

 

Bloggerの記事に添付した画像はPicasaにそのブログ専用フォルダが作られて自動でアップロードされる。

この画像が別アカウントのPicasaにインポートされて丸ごと移行できるかな、と思ったのだけれど、画像はインポートされず。

しかしブログにはきちんと画像が表示されていた。

 

元のPicasaフォルダを参照しているのかと思ったが、画像を削除してもインポート元・エクスポート先の両方のブログに表示されたままになっている。

 

Picasaで画像削除する時には「ブログに表示できなくなります」と警告文が出たのだけれど、Blogger独自のサーバに保存されているのだろうか?

 

もしかしたら一定の時間が経過すると反映されて画像が削除されるのかもしれないが、このまま画像ごと別アカウントのブログに移行できるようならあまり悩まずBloggerを使ってしまっていいかもしれない。

今のところBlogger・Picasaといったマルチログイン非対応のサービスは自動で他に利用しているサービスへのリンクを貼ったりしないようだし。

2010年11月26日 (金)

WordPress.comもダメ、そしてはてなダイアリーは……

メインサイトも目的別ブログもサービスが決められない。


ものは試しとWordPress.comにアカウントを作ってみたが、ヘルプ関係がほとんど日本語化されておらずさっぱり分からない。

そしてメールニュースも英語。


普通に使う分にはシンプルなTumblrやPosterousと違って、WordPress.comは高機能ブログサービス。

とてもじゃないが使う気になれなかった。

 

そもそも「とにかく手軽に書き続けられるサービス」を探しているので、いちいち使い方をググったりしなくちゃいけないようなものは無理。


そこでやっぱりはてなダイアリーがいいか、と書き始めたら夜間のレスポンス低下があまりにもひどくて嫌になった。

他にも不満点としてWYSIWYG編集ができない、なぜかニコニコ動画の引用だけはてな記法で手打ちしなければいけない、はてなフォトライフの無料分容量が微妙(というか商売的に絶妙)とかもある。


この速度低下さえなければフォトライフだけでもプラスにして、はてな記法を勉強しようかなとも思ったんだけれど。


Seesaaにもアカウントを作ってとりあえずTwitterログ保管庫として使い始めたけれど、こちらも色々微妙。

まずデザインテンプレートに全然良いのがない。これはいいかな、と思うとサイドバーが左にしかなかったりする。

そして無料で複数ブログが作れるのは大変ありがたいのだが、設定画面の挙動が危うい。色々いじっているうちにいつの間にか別ブログの設定を変更していたりする。これは怖い。


どこもかしこも帯に短し襷に長し。


・WYSIWYG編集ができる

・記事作成時に事前のリサイズなしで写真アップロード→あとで整理もしやすいフォトストレージ

・アフィリエイト可(買ったものや欲しい商品の写真付きAmazonリンクが貼りたいだけ)

・サーバのレスポンスが普通

・テンプレート+サイドガジェットの選択で簡単にデザインできる


そんなに贅沢な条件なのか?

そうなんだろうな。


複数ブログが作れるところならもう有料でもいいや、と思うが上の条件に合致するサービスはあるんだろうか。


……そしてやっぱり改行を二つ入れないと行間が詰まりすぎるはてなダイアリー。

はあ、いい加減決めてしまいたいんだけどなあ。

2010年11月19日 (金)

Bloggerをメインサイトにしてみようかと思ったけれど

先日このようなことを書いて、自分のメインブログとするサービスを探していた。

ブログについて考えてみる - sudo0911のはてなダイアリー


はてなダイアリーはWYSIWYG編集に対応していない、改行コードが他と違う、あとサービス全体が夜間になると重いのがやや難点ではあるけれど、いずれはフォトライフをプラスにして写真ブログにするかもしれない、と思い日記系Weblogとして使うのはやめようと考えていた。


そこで色々比べてみて、自分にとってのメインWEBサイトにするブログサービスとしてBloggerを使いたいと思って試してみた。


しかし残念ながらBloggerサービスはGoogleのマルチログイン機能に非対応。

プロバイダメールも含め集約して使っているのは別アカウントのため、ブログを書くのに毎回ログインし直さなくてはならない。

Gmailやリーダーの情報を一括して別アカウントに移行できればそうしてもいいのだけれど、可能だとしても相当に面倒だろう。


ログインし直しもたいした手間ではないけれど、少しでも煩雑なことを減らしておかないとまた書かなくなってしまうと思う。


無料では1GBの容量制限があるとはいえ、Picasaと連動して事前にリサイズすることなく写真を投稿できて、WYSIWYGで編集できるBloggerはかなり魅力だったのだけれど、他のブログサービスを探そう。


Wordpress.comは無料で総容量3GBまで、独自サーバを立てる人の多くがインストール版を使っているらしく魅力的なのだけど、大変アフィリエイトに厳しいらしい。

アフィリエイトサイトを作るつもりはないけれど、買った物や欲しい商品のリンクには写真掲載を兼ねてAmazonのリンクとか貼ってしまうしな。

いきなり削除、アカウント凍結もあるということなので気をつけないといけないし。


画像を事前リサイズなしでアップロード可能、そこそこの容量、WYSIWYG編集可能、メール投稿可能、アフィリエイトOK。

条件はこれくらいなんだけどなかなか決められない。


ああ、Bloggerはメール投稿で画像添付ができないんだった。

せっかくGmail・Picasaという良いサービスと連携しているのにそこだけもったいない。


あと「BlogThis!」ブックマークレットが微妙に使いづらい。

ウインドウを大きくしてもタイトル欄が小さいままだったりとちょっと惜しい。


現状他記事引用が簡単で美しいPosterousをWebクリップに使っているけれど、これが日本語検索使えたら相当良いんだけどな。

もっとも、アフィリエイトの条件が不明でそこも怖いところだけれど。

2010年11月15日 (月)

ブログについて考えてみる

1.個々のブログに必ず異なった目的を持たせること

いくつものブログを運営することになっても、記事を書く人は一人である。同じ目的のブログを複数持つことは全く意味がないことはわかっていただけるであろう。しかし、このケースは実に多い。「目的」を書く内容ではなく読者の対象と勘違いしているケースが非常に多いのだ。最も多いパターンは、ブログですべての人へのWeb日記を公開していながら、mixiでは仲間内だけにしか見せられない日記を書いている場合。どちらも日記なのだ。いずれ書き分けができなくなってしまい、反応が多いmixiの方だけに更新が集中してしまい「mixiが忙しくてブログの更新する暇がありません」なんてなってしまう。目的は、読者の対象で分けることはできないのだ。複数のブログを持つ場合、目的を明確に分ける必要がある。

2.メインのWebサイトを持つこと

いくつものWebサイトを持つことになっても、メインのWebサイトはコレと決めておくべきだろう(「Webサイト」とはブログの意味も含む)。読者も一つ記事をきっかけに、サイトが好きになり、管理人に興味を持つことがある。この管理人の他のコンテンツも読んでみたいとなったときのために、メインサイトはすべてのサブサイトへのリンクを貼り、逆にサブサイトからはメインサイトへのリンクも貼ると良いと思う。もちろん、メインサイトだけはできるだけアドレスの変更をしない方が良い。何年か経って、ふと思い出してあくせすしたときに残っているとうれしいものだ。

また、私はメインサイトにもコンテンツを置いているが、メインサイトは存在さえすれば更新する必要はないとも思う(個人的には、「それ以外」という目的で存在するサイトがメインであることが理想だと思っているが)

複数のブログを持つときに注意すべきこと: 304 Not Modified

元々は別の情報を探すために検索をかけたのだけど、最近自分が考えていたことについて何かしら道筋を与えてくれそうな記事を見つけたので読んでみた。


わりと古いエントリーだけど、今でも変わりのない事柄のように思う。

軽く目を通した一連の記事を以下のリンクにメモ。


ブログは3人に向かって書け。: 304 Not Modified

私が自分のサイトを持つ理由。: 304 Not Modified

ブログを「とりあえず始める」と「目的を決めてから始める」とではどちらが良いか: 304 Not Modified

ブログで目的を見つける方法: 304 Not Modified

ブログで自分発見をしよう: 304 Not Modified


ニコマスPになったことで始めたTwitterが面白くなってきて、たまには140文字を超えて呟きたいなとmixiを再開、何となくはてなダイアリーも書き始め、他に使いやすいブログサービスはないかなといくつか試してはすぐに削除。


はてなダイアリーの内容はニコマスや動画製作環境について書いてみたものの続かず、フィギュアにハマってからはその写真を載せたり、その時々で買った物についてちょっと書いたりデジカメを買い換えてスナップ写真を載せたりと迷走。


TumblrやPosterousといったサービスをちょこちょこと試しつつも、はてなとmixiは放置気味に。


Evernoteを日記やアイデアメモとして使い始めてからはさらにブログ等を書くことがなくなってしまった。


が、使っていくうちに「Evernoteに何でも放り込んでライフログにしよう」というよく見かける意見に自分は向いていないような気がしてきていた。


Evernoteは強力な検索機能で放り込んだあらゆるデータを探し出すには便利だけれど、何となく過去の自分がどんなことを書いていたのかなと流し読みするには使いにくい。

ローカルクライアントを使えば様々な方法でノートのソートや絞り込みができるし、サムネイル表示もできるけれど、結局は1ノートごとにクリックして内容を読むことになる。

ブログのようにスクロールしながら本文ごと適当に流し読みして、「ああ、この頃こんなことがあったんだっけ」という楽しみ方ができない。


そんなこんなでTwitter、Evernote、各種ブログサービスの使い方を考え直していた。


Twitterで気楽に短い文章を書いては投稿する楽しみを覚え、Evernoteで漠然とした色んな考え事を文章にして頭を整理することの良さが分かり始めた。


別に人気ブロガーになりたいというわけではないけど、Evernoteではしっくりこない部分でブログを使ってみようかと思う。


で、今は冒頭の記事にある「メインのWebサイト(ブログ)」にどのサービスを利用しようかと頭を痛めているわけだけれど。

その他のカテゴリー